シェアハウスでのトラブル

時代の流れからも特に都心部ではシェアハウスが流行しています。
その理由はおおむね、家賃を安くあげるためではないでしょうか。
東京で1K賃貸物件は6万円以上はします。
ユニットバスや、オートロック、2階以上などの要件を出すと2桁は軽くかかります。
生活費の大半を占める家賃、少しでも抑えたいことかたシェアハウスを希望する人も多いです。
シェアハウスにはお金の面でのメリットはありますが、反面ではトラブルもつきものです。
海外ではルームシェアが広く普及し、留学生などはそこでやりくりをすることが多いのです。


シェアハウスとは、バス、トイレ、キッチンなどが共用スペースとなります。
部屋は個室になっているケースがありますが、6畳ぐらいでしょうか。
なかには、部屋もドミトリー形式で個室でないところも多いです。
一番多いのは人間関係のトラブルです。
共用部分が使いたい時に使えないですし、隣の部屋の音が聞こえる、シェアハウスメイトに苦手な人が住んでいるなど。
いずれも人に関わることです。
そしてシェアハウスは、自分の家でも部屋でもありません。
気軽に人を呼ぶことができないのです。
家賃が軽減される代償として、制約がかなり増えます。
そして気を使う頻度もかなり増えます。
気を使いすぎてしまう人はむきませんし、人とのコミュニケーションをうまく取れる人であっても時に煩わしい面も出てくるでしょう。
それぞれの生活リズムが違えばうまくいくケースもあります。


※注目情報
都心部、主に東京のシェアハウス情報を紹介しているサイトです ⇒ シェアハウス 東京

Copyright © 2014 シェアハウスで起こりがちなトラブル All Rights Reserved.